日常、IT関係、Web関係、暗号資産関係など気になることを気ままに綴る新米Webデザイナーによるブログ

maesuke.comブログ

iPhone Case買い換えました

IT関連 iPhone ガジェット関連 紹介など

iPhone Xのケースを買い換えました

投稿日:2019-05-24 更新日:

1年以上使ってきたソフトクリアケースが、いよいよボロボロになってきたので思い切ってケースを買い換えることにしました。
せっかくなのでご紹介と感想レビューでも。

今回購入したものはAmazonで販売されていたメタリックケース。
今までiPhoneケースはできるだけiPhoneそのものの素材を活かせるようにクリアなケースにすることが多かったのですが、何を思ったのかかっこいいケースが欲しくなりました。
そこで、どうせなら頑丈なメタリックでいこう!と考え、「iPhone X メタリック」をキーワードに色々物色していました。
そして最終的にポチったのがこれ。

意見は人それぞれですが、かっこいい!!!とほぼ一目惚れ。
他の類似商品とも見比べましたが、レビューを見る限りではこれが一番良いかなと。

これは周りのバンパー部分が金属で、背面が恐らく強化ガラスパネル。そしてガラスフィルムが1枚ついています。

結論を言いますと、満足感が高いです!
唯一、装着方法がネジ留めなのでそこは少し大変でしたが、頻繁に取り外しするものでもないので目を瞑れます。むしろガッチリ感が良い!

Sponsored Link

内容物について

まず内容物です。

  • アルミフレーム
  • バックプレート(アップルロゴ部分のみクリア加工)
  • 専用ドライバー
  • 前面ガラスフィルム
  • 汚れ拭き用ワイプ(ドライ・ウェット)
  • 埃取り除き用シール
  • 予備のネジ2本

いざ装着!

フレーム自体に既にネジが装着されています。
iPhoneに装着する際は、専用ドライバーを使ってこのネジを両方取り外します。

フレームの端部分を外したら、iPhoneの端からスライドする形で装着するのですが、ちょっとコツが必要でして。
バックプレートと一緒に装着する必要があるので、iPhoneの背面にバックプレートを押さえつけたままフレームをスライドさせます。
これ、ちょっとだけ手こずりましたが何とかなりました。

バックプレートがフレームからはみ出ないようにスライドさせる

背面も含めうまく装着できれば、先ほどネジと共に取り外したフレームの端を取り付けます。
片方だけを一気に締めるより、それぞれ片方ずつ少しずつ締めると良いでしょう。

ケース下部2箇所をネジ留め

できました!あとは付属のガラスフィルムを慎重に貼れば完璧です。
私の場合ガラスフィルムはもともと貼っていたので今回は新たに貼りませんでした。

使用感など

最初にも書きましたが、今のところ満足感は高いです!
背面もつるつるですし、メタリックなフレームはかっこよくて惚れ惚れするくらい・・・
今回はレッドを選択しましたが、ブラック・ゴールデン・ブルーと他の色も気になりますね。

少し気になる点としては、やはりフレームがゴツいので一回りiPhoneがデカく感じるところ。
あと裏面のカメラの出っ張りですが、バックプレートの厚みのおかげでiPhone本体のカメラの出っ張りが傷付くことはありませんが、平らな机に置いたときはそこを支点に多少グラつきますね。まあこれは仕方ないかなと。
あとはサイレントスイッチが触りづらいです。小指で奥に突っ込んでやっと届く感じなので、頻繁に切り替える使い方をしている人にとってはちょっと煩わしいかも。

Amazonのレビューではボリュームボタンやスリープボタンが押しづらいという意見が見られますが、私は個人的にそうは思いませんでした。普通に今まで通り押せます。
強いて言うなら、ボタンそのものに少し膨らみがあればより押しやすいかな?というくらいです。

サイレントスイッチの穴がちょっと狭い

あと商品説明にもありますが、フレームは金属製ですがそれによる弊害が起こらないよう工夫を施しているようです。
例えばフレームの内側はクッションになっているのでiPhone本体に傷が付かないということ。
そしてアンテナの受信感度には影響しないということ。
iPhone 4以降、iPhoneのアンテナは縁全体に張り巡らされる作りとなりましたが、金属で覆うようなケースやバンパーを使うと受信感度が極端に悪くなる現象が発生します。
今回ご紹介のiPhoneケースはそうならないような設計を行っているとのことです。
私も電波が悪くなったとは感じていませんので、大丈夫そうです。

さて、個人的にも満足度の高いケースでしたが、もしケースを変える機会がありましたら検討してみてはいかがでしょうか。
iPhone X以外にiPhone XS、iPhone XR、iPhone XS Maxバージョンも併売されています。

本日はこの辺で!ご覧頂きありがとうございました。

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

-IT関連, iPhone, ガジェット関連, 紹介など
-, ,

Copyright© maesuke.comブログ , 2019 All Rights Reserved.