日常、IT関係、Web関係、暗号資産関係など気になることを気ままに綴る新米Webデザイナーによるブログ

maesuke.comブログ

Web 紹介など

個人的に参考にしているWebデザイン紹介サイト6選

投稿日:

ここでは、Webデザインを考える際にアイディアの仕入先としてよく閲覧しているWebデザイン紹介サイトをご紹介します。
どのサイトも素晴らしいWebページを紹介しており、サイトによってはジャンル分けされているので目的別に探しやすく使いやすいです。

Sponsored Link

I/O 3000

国内外を問わず、Web制作の参考となるサイトをセレクトしているとのことです。

そのセレクト内容がハイセンスなWebサイトばかりで、トップページのデザイン案に迷ったらまずここをチェックしています。更新頻度も高く、常に新しいデザインに触れることができて助かっています。

また、このサイト運営によるツイッターでも更新情報を発信されていますので、是非。

I/O 3000
https://io3000.com/

SANKOU!

デザイン制作時に参考になるステキなWebサイト・LP・コンテンツページを集めているとのことです。

個人的な印象としては、そのページの雰囲気・世界観に浸れるよう大きく大胆なデザインが多いように思います。
また、スマートフォンで表示した状態のデザインギャラリーを掲載したり、バナーデザインも掲載しているので、Webデザイナー初心者の方にとってもかなり役立つ内容ばかりではないでしょうか。

しっかりジャンル分けもしているのでとても使いやすく情報量が多いサイトです。

SANKOU! | Webデザインの参考サイト集
https://sankoudesign.com/

イケサイ

いけてるサイト、かっこいいサイト、おしゃれなサイト、クールなサイトなどをピックアップして掲載しているサイトとのことです。

様々なジャンルで掲載していて、Webデザイン考案の際に、特に方針は決まっていないけど何か良い感じでビビっとくるデザインないかな〜と漠然とした状況の時に覗いてみると大体「その手があったか!」と気付かされるくらい数多く掲載されています。

行き詰まった時に覗いてみるとヒントが隠されているかもしれません。

イケサイ
https://www.ikesai.com/

bookma!

"感性を刺激するWebデザインギャラリー"

サイト数は多いわけではありませんが、特殊構造です。
まずPC表示とモバイル表示が並んでいて、レスポンシブデザインの参考として最適であること。そしてサイトプレビューごとに右下をよく見ると色のついた小さい四角形があり、それがそのサイトのベースカラーを示しています。それをクリックすると、同様のカラーである他のWebサイトを網羅してくれるという画期的な仕組み。

まさに“感性を刺激”する、デザインそのものを大事にしたサイトだと思います。

bookma!
https://bookma.torch.blue/

Siiimple (海外サイト)

”Siiimple is a minimalist css gallery.”
SiiimpleはミニマリストなCSSのギャラリーです。

シンプルなWebサイトだけを集めたギャラリーです。
ごちゃっと感はちょっとな・・・という場面で有効なデザインが集まっています。
サイト右上の「All Categories」からカテゴリーで探すことができます。たとえば「Dark」をクリックすると暗めのサイトが出てきます。

洗練されたアイディアを探しているあなたに。

Siiimple
https://siiimple.com/

One Page Love (海外サイト)

"One Page Love is the leading showcase of beautiful One Page websites, templates and resources."
One Page Loveは美しい1ページWebサイト、テンプレート、リソースの代表的なショーケースです。

その通り、1ページのみのデザインが美しいWebサイトを厳選して紹介しているサイトです。
何かの特設サイトなどのランディングページを制作するのにもってこいなデザインが揃っています。

ひとつの製品・サービスを紹介するサイトに適しているかもしれません。

One Page Love
https://onepagelove.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こういったWebサイトをいくつも見て感性を鍛えることによって、自分の引き出しが増え、表現力がより一層増すものだと思います。
サイトがどんどん新たに追加されるので、最近のデザイントレンドを追いかけることもできるというメリットがあります。

引き出しを増やすことはもちろん、常に新しい感性を手に入れ続けましょう。

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

-Web, 紹介など
-,

Copyright© maesuke.comブログ , 2019 All Rights Reserved.