日常、IT関係、Web関係、暗号資産関係など気になることを気ままに綴る新米Webデザイナーによるブログ

maesuke.comブログ

リップル(XRP) 暗号資産(仮想通貨) 紹介など

リップラー必見!仮想通貨リップル(XRP)が◯◯円になれば資産はいくらになる?XRP Checker

投稿日:

暗号資産ネタです。
今回は少し前にTwitterで見て「あ、妄想を膨らませるには面白いな」って思ったWebサービスがあったので、ご紹介します。

Sponsored Link

XRP Checker

XRP Checker
https://xrp-checker.com/

XRP Checkerは たろたろさん(@tarotaro080808)によって構築された、リップル(XRP)の保有枚数によって将来的に1XRPあたりいくらになれば、資産と税金がいくらになるのかを簡易的に算出できるWebサービスとなっています。

簡単な使い方

まずトップページの「ウォレット設定」の入力箇所にRippleアドレスもしくは保有数量を直接入力します。
私はリップルアドレスを入れたのですが、取引所によってはうまく取得できなかったりするので枚数を入力しました。
ここでは例として1000枚と入れ、右の「設定」ボタンをクリックするとセット完了です。

すると、その下部に合計保有量とウォレット一覧の箇所に、セットした数量が表示されるようになります。

この状態で、サイト左側メニュー「利益試算」をクリックして…

表示されたページの下までスクロールしてみましょう。

このムーンプライスが単価別の資産と税金、そして利益です!
例えばXRPが50円の時に1000枚もっていれば、日本円換算で50,000円ということです。
それがもし1,000円の価値になれば資産は1,000,000円に、20,000円の価値になればなんと20,000,000円に!!

…といった妄想ができる仕組みです(笑)

資産だけ見ればとてもとても夢があるのですが、同時に税金もこれだけかかるという現実も知ってしまいます…(笑)
雑所得だと累進課税ですからね… 早くこの税制をなんとかして… せめて譲渡所得にするとか。その辺の改革に積極的な藤巻健史議員に期待です。

まとめ

こういうのを見てると、本当にXRPがそこまで高騰するかどうかはともかく夢が膨らむなあ…とワクワクしちゃいます。宝くじを買った気分ですね。

なお、XRP CheckerはXRPによる寄付もできます。面白いと思ったら数枚寄付してみるのも良いかもしれませんね。(私もわずかながら寄付しました)

このような面白いツールを提供して頂いた たろたろ様に感謝しつつ、今回のご紹介とさせて頂きました。

それではまたまた。

  • この記事を書いた人

Maesuke

新米Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、暗号資産(仮想通貨)に興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

-リップル(XRP), 暗号資産(仮想通貨), 紹介など
-, , ,

Copyright© maesuke.comブログ , 2019 All Rights Reserved.